駆除

ウイルスの危険性

鳩の危険性についての説明

ハトのフンにはクリプトコッカスという病原菌の栄養素となっています。この病原菌が人体に侵入すると、肺に感染した場合は発熱や胸痛、髄膜炎になってしまった場合は死亡する危険性もあります。また、サルモネラ食中毒やオウム病、アレルギーや鳥インフルエンザの危険性もあります。鳩は卵をカラスや猫から守るため、マンションの室外機などの外敵から守りやすいところに巣を作りたがります。ほとんどの病気の原因は鳩のフンのため、自宅のベランダに鳩を寄せ付けないようにする対策が必要となります。

自分でできる対策方法について

鳩を追い払うためには、どのような対策を取れば良いのでしょうか。業者に頼んで対策を取る方法もあるのですが、鳩はとても帰巣本能が高く、一度気に入られてしまった場所は、そうそうあきらめてくれません。そのため、自分で鳩対策をしてしまった方が早い場合もあります。主な対策方法は、テグスやネット、光るアイテムや磁石を吊り下げたりなどです。ベランダの手すりにとまらせないようにする事が一番の対策になりますので、その上にテグスを張り巡らせる事で、手すりにとまろうとした瞬間にテグスに体が当たってびっくりした鳩が逃げるように仕向ける方法が効果的です。その場所はお気に入りにはなりえない危険な場所であると認識さえすれば来ませんので、来る前からの対策が重要です。